※クリックすると次の画像が見れます。


今回の展示の一番の目玉。

「考え中」とは彼自身のアーテスト名。webサイトの名称が「覚えやすい名前」である事からまだ名前は考えている最中と意味を読み取る事が出来るが、既に十分覚えやすい名前である。

ボールペンや色鉛筆など身近にある文房具で普通の紙にひたすら「美少女」を描き続けている。決して画力が高いとは言えない絵だが、余白を大きく取る際の白の圧倒的な存在と、密度を持った描画の際のこれでもかというくらい繰り返される美少女と幾何形体の執拗な連鎖は観るものを圧倒させる。キャラの描線にそってに残る鉛筆の痕跡、スーパーのチラシに載ってる子供の写真の切り抜きによるコラージュなどからヘンリー・ダーガーの絵を想起するのもあながち間違いではないかも。
フリーハンドによるコマ割の漫画表現も多く見られ、そこでは超簡潔な人型のキャラクターと美少女の会話を通して何もしたくないという本人の意思が再三表明される。その意思が三次元的な奥行きを持った分厚い文字として、絵の空間中でいやに奥行きを強調して表現されるがその真意の程は圧倒的に定かでない。

また、熱心な「飲み物マニア」でありmixi日記でコンビニや自動販売機で買って飲んだ様々な清涼飲料水の容器をデジタル写真で撮り、絵の枚数に匹敵する量とペースで日々アップロードし続けている。その目的もやはり定かではない。

彼の絵に反応する声は多く、DJテクノウチを驚愕させ(引いてた?)、Arma Eaterの中の人がリスペクトする程。

自ら「ニート」を自称し(実際そうなのだが)、今回の展示に対してもやる気があるのだか適当なんだかわからない「めんどくせっ!」を連発し、メンバーを困惑させる事もしばしば。しかしアートに対する想いは人一倍強く、立身出世を狙ってるふしさえある。考え中ファンはポストポッパーズも必見です!

ちなみにアニメやゲームをほとんど見ない。この絵柄、このメンツの中で逆に異常である。

web
「覚えやすい名前」
http://karuhazumi.blog15.fc2.com/

pixiv個人ページ













inserted by FC2 system